FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ガヤミナミ in Langkawi

こちらはマレーシア・ランカウイ島でアジアン雑貨を販売している『ガヤミナミハンディクラフト』。現地の情報と当店のお知らせをお届けしまーす!当店オリジナルなまこ石鹸も販売しております。是非ご来店くださいませ~!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

マレー半島東海岸編2010’ 

マレー半島東海岸編2010’






続きです、、、

《The Aryani Resort》昨年泊まれなかったので

今年こそはと ちゃんとブッキングしたのでお泊りできました。

”フルブックで部屋がもうない”って言われましたが、、、

そこをどーーーにか、どーにかしてもらって、、、

にしては リクエスト通りのお部屋だったのでラッキー♪



             kb/tg
             表通りから一歩横道に入るとコンナ感じ。
             到着が夜だったら不安だろうなと余計なことを思いながら
             メインの通りから車で走ること10分ほど。



             kb/tg
             ホテルの入り口。



             kb/tg
             奥の建物がロビー・レストラン。



             kb/tg
             ロビー



             kb/tg
             チェック・イン・カウンター



             kb/tg
             ロビー・レストランからの眺め。
             林の向こうに海が広がっています。


             kb/tg
             ジャングルの中でのスイミング。
             プールの手前のほうだとそれほど深くないので
             はじめは”怖~~~い!”なんて言ってた子供達も充分楽しんでましたよ。


             kb/tg
             夜のプール
             見えにくいかな、、、
             やぐらで♪ガムラン♪を静かに奏でてくれるので
             心地よかったな、、、


             kb/tg
             流石 乾季の東海岸!
             日差しが強かった~~~!


             kb/tg
             そうそう
             ゲストの荷物はこのトローリーで運ぶんですよ。
             ホテルの駐車場にちょこんとおいてあったので何に使うのかと思ってたら
             いきなりチェックイン後にお目見えでしたね。
             メイド・オブ・ウッドなので
             ”重い荷物載せても大丈夫なの?”って主人が私よりも先に聞いてました。
             どうも同じことを思ったらしい、、、



             kb/tg
             意識しているのでしょうね、、、
             コンクリートなんかの人工的なものより 自然素材のものが多かった。



             kb/tg
             私達の部屋。
             一棟2部屋のバンガロウタイプ。
             入り口が別の方向にあるのでそんな感じはしないのだけど、、、



             kb/tg
             新しくできた棟。
             まだ完成していないのでこのときは誰も泊まっていなかったけど
             夜になったらライトアップしてたので雰囲気よかったですよ。
             2階に泊まってみたいな。



             kb/tg
             よくガイドブックにこのアングルで写っているので私も撮ってみました。
             親子4人で寝ても充分な広さでした。



             kb/tg
             部屋には布のカーテンがなく目隠し扉?木製のカーテンになります。
             マレースタイルなのでバスタブはありません。



                  kb/tg
             それぞれのお部屋にこのミニプールがついてるんですよ♪
             子供達大喜びで部屋に入ってすぐに水溜めましたもん。(笑)
             でも、、、
             以外に彼女たちのお父さんが楽しんでたかも???


             kb/tg
             私達は2泊だけだったのですが毎日《おやつ♪》がでるんですよ。
             この日はバナナの揚げ物。
             私達にはおなじみの味なんだけど、それでもこういう風におやつなんか
             出されたら子供に戻った気分でまた違う楽しさがありますよね。
             おやつと一緒にベープマットを持ってきてくれるので夜も安心。



             kb/tg
             朝食
             メインのマレーの朝食
             この日は私の大好きな<ナシ・ダガン> もちろんおかわり♪
             他にトーストや卵もありますよ。
             ただ、、、
             一般的なマレーの家の朝の食卓をイメージしているのだと思うので
             種類ははっきり言ってないです。なので種類のことは忘れてください。(笑)


             kb/tg
             ホテル前のビーチ
             右の島から《レダン島》《島》《プルフンティアン島》
             海の中に見えてるのは”人”です。
             ここの海かなり遠浅で
             どこまでいっても大人のももくらいの高さしかないんですよね。
             で、、、
             この人影が何をしてるかって言うと、、、



             kb/tg
             潮干狩りしてるんですよ!
             足でグリグリするだけで二枚貝がたくさん獲れるので
             みんなでグリグリ♪
             スクール・ホリデーだったのでGMの家族も遊びに来ていて
             奥さまなんて名人ってなんのって
             ”たくさん採ってレストランで調理してもらうんだ~!”
             なんて素敵な提案をおっしゃるので私達も負けまいと潮干狩りですよ。


             kb/tg
             で、、、
             奥様ったら秘密兵器(黄色いかご)なんかを持っていて、
             底引き網漁なの?っていうくらい
             ごそーーーって収獲♪
             まぁ、GMの奥様ですから これくらい貫禄ないとね☆
             砂をはかさないといけないので翌日採った貝を調理してもらおうと
             思っていたのですが おいてた場所の日当たりがよすぎて
             貝がだめになってしまったんですよね。なので次の日にリベンジ。
             獲ってすぐはダメですね、砂をはかせる時間が短すぎておいしい貝も
             ジャリジャリでした、、、流石ホテルですね、味付けはシンプルだったけど
             貝の味がうまく引き出されていておいしかった♪
             砂が邪魔してたけど、、、(苦笑)




The Aryani Resort(ジ・アリヤニ・リゾート)

ホテルのコンセプトは「古き時代のトレンガンヌ」って感じなのかな?
もちろんリゾートなんだけどプラスところどころに昔らしさを感じさせるような何かが、、、
それは、たとえば写真で紹介した荷物用トローリーであったり掃除道具が乗ったトローリーだったり
人もそうですよね、服装(スタッフのユニフォーム)が花柄のシャツにスカートやパンツではなく
バジュ・マライユ(マレーのトラディショナルウェアー)。
初めてマレーシアにこられる方には少しわかりずらい感覚かもしれませんが 私はユニフォームを
見たとき少し感動。”わぁ みんなバジュ着てる!”他のホテルとは違うんだなって感じ、、、
部屋数が少ないのでスタッフもフレンドリーに話しかけてくれるし、私もこのホテルではたくさん
話したなって感じです。
レンタサイクルがあるのでご近所さんを走っても楽しそうだし、
面白いのがビーチではカイト(凧)を飛ばしてたり網で漁してたり、、、
はじめ近所の大人たちがビーチに来て凧揚げしたり漁師さんが魚獲ってるんだなんて思っていたら
どうも皆さんホテルのスタッフだったみたいで”今の時代 こういう遊びや魚釣りを
やったことない人がたくさんいるでしょう?”って見せて体験させてもらえるそうです。
うちの主人も網借りて貝を獲ろうとしてたけど砂の中の貝はどうやっても無理でしょうが、、、
”本当は夜の方がこの方法だと魚が獲れやすいけどオーナーがゲストに見せてあげて!
って言うので昼間やってるんだよ。だから、、、真っ黒!”ってスタッフの一人が笑いながら
言ってました。(ちなみにホテルのオーナーはフローティング・モスクの設計者なんですよ。)

いろいろやるのもいいけど、、、
な~んにもしないで、な~んにも考えないで、こんな隠れ家的なホテルで泊まって充電する!
皆さんもどうですか?



そうだ、、、
ホテルから一番近いコンビニ(ガソリンスタンド)がメインの通りまででないとありません。
車で10分ほどかかります。レストラン(ローカル)はさらにそれ以上の距離になるので 
できたらホテルの中で過ごされたほうがいい、っていうかその覚悟でいかれたほうが
いいかもしれないです。私達は2泊だけだったのでそのつもりでホテルの中ですごしたのですが 
ホテルからのアレンジでトレンガンヌ市内・ケニーレイク・レダン島へのオプションも可能なので
確認してみてくださいね。




             kg/tg
             さらに「古き時代のトレンガンヌ」を体験したい方には
             超マレースタイルのこの部屋お勧めです♪



             kb/tg
             クロポの店
             アリヤニから15分くらい車で走ったところにあるお店。
             ホテルのスタッフに聞いたらここを勧めていただきました。



             kb/tg
             確かに、、、
             おいしかったです♪
             メインの通りを右に折れて走ってください。
             すぐ見つかりますよ。


スポンサーサイト

category: マレー半島 東海岸編

cm --   tb --   page top

マレー半島東海岸編 2010’ 

マレー半島東海岸編 2010’





今年も恒例の”東海岸”へ行って参りましたー!

今回はマイカーを持ち出してのお出かけ♪

えっと、まずは車をランカウイから持ち出すための手続きから、、、

なのですが、主人がやったので私は何もわかりません。ごめんなさい、、、

とにかく数枚書類を用意しカスタムや船会社に提出。

ランカウイの車は税金の関係で半島で買うよりもちょっとお手ごろだったりするんですよね。

なので、この島から車を出すためには書類を提出しいろんなところにお伺いを立て

戻ってくるのにも期日(MAX day)があります。

”ちゃんと戻っておいでよ~!”ってな感じでしょうか、、、

とにかく 出発の前の日に車を船会社にあずけしばらくのお別れです。



             kb/tg
             〔ブキッ・マル〕にある貨物用ジェティ
             ここはもちろん半島から荷物満載のトラックもたくさん入ってきます。
             ランカウイにはなくてはならない搬入・搬出のジェティなんですね。
             私達の車もここから半島側の〔クアラ・ケダ〕に向けて出港します。


翌日、私達はフェリーで〔クアラ・ケダ〕へ。
フェリー・ターミナル(人用)に隣接しているカー・フェリー・ターミナルへ車を受け取りにいき
改めて マイカーでマレー半島西から東に横断出発!



             kb/tg
             ランカウイでは牛の標識をよく見かけますよね。
             マレー半島の西側から東側に横断するこの山間部では
             シカの標識や



             kb/tg
             これかわいいでしょう☆

             ゾウさんの標識!

             野生のゾウがこのあたりに生息してるんですよね。(一部地域)
             何年か前うちの主人は見たんだよな~、道端で休んでいたゾウさん♪
             ここを通過する時は注意してみるんだけど今回も会えなかったです、、、
             ちなみにこの標識には「注意!この先500mゾウが横断するエリアです。」
             てなことを書いてあります。
             みなさんもお出かけの際には注意して探してみてくださいね。




今回のトレンガンヌも昨年同様にお泊りは《Ri-Yaz》で。
このホテルについては昨年ご紹介しましたので 今年は観光スポットを1,2箇所ご紹介。
本当は、、、一番行きたかった博物館が金曜日の定休日ではいれなかったので、、、(涙)
これについてはまた来年まで待っててください、、、もう、、楽しみにしてたのに、、、


             kb/tg
             <セントラル・マーケット>
             〔コタ・バル〕のセントラル・マーケットもゴチャゴチャしてたけど
             ここも劣らないくらい。何がどこにあるのかわからないくらいゴチャゴチャ。
             逆に言うと この中から欲しいものを探すのが楽しみでもあるよな、、、


             kb/tg
             こんなゴチャゴチャのなかでもピカイチ☆光ってるのが
             
             海がめの☆たまごトレンガンヌ産です。

             今、海がめが激減して産卵数が減っているので保護しないといけない
             のにもかかわらず、、、
             このマーケットでは食用として売られてるんですよね。
             昔から食べられている<トラディショナル>な食べ物。なくてはならない
             ☆たまご☆
             ”海がめの産卵を見てみたい”わたしには少し複雑な感じです、、、
             ランカウイにも主人が小さいころは海がめが産卵にやってきてた
             そうですよ。


             kb/tg
             トレンガンヌ川のほとりに続くモスク通り。
             何があるわけではないのですが きれいなモスクが立ち並んでいるので
             マレー系の人には人気スポットのようです。
             よく日本のガイドブックには〔テンガ・ザハラ・モスク〕
             別名フローティング・モスク掲載されていますよね。
             このモスクも近くにあるので一緒に見学しましょうね!



             kb/tg



おまけのお話、、、

             kb/tg
             <ナシ・クラブ>青&<ナシ・レマッ>白
             《Ri-Yaz》の朝食。
             このホテルの朝食私は好きで今回も<ナシ・ダガン>を楽しみに
             してたんですよね。ありましたよ~!でも食べるのに夢中で
             写真忘れたんですよ~。ごめんなさい、、、
             そのかわり別の日の朝食にでていた<ナシ・クラブ>の写真を
             撮ってみました。
             色、、、鮮やかブルー!です。香草と混ぜて食べます。
             なんとも不思議な味!
             西側にはないので これまた見つけた時は是非召し上がれ~~~!
             * 確か コタ・バルのナイト・マーケットでも売ってたと思います。


                  P1011108.jpg
                  このホテルはアーチストがよく泊まるホテルなのかなぁ?
                  去年もプールで一緒に(勝手に)泳いだよなぁ~。
                  名前忘れたけど、、、
                  で、、、
                  この方はマレー人なら誰でも知ってる”エミセス☆”さん。
                  ロックグループのボーカルだそうです。
                  次回は♪シティ・ヌルハリザ♪に会えるといいな、、、
                  ありえないけどなぁ、、、





次回は去年泊まり損ねた《アリヤニ・ホテル》のお話を少し、、、
興味がある方はお楽しみに!

category: マレー半島 東海岸編

cm --   tb --   page top

マレー半島東海岸の旅 

マレー半島東海岸の旅






そろそろ ”マレー半島・・・・”の残りのお話をUPしないと、、、

次のスクール・ホリデー(11月中旬~12月末)が迫ってきてるので

その前に続きを、、、

私自身の記憶も薄れてきてるので、、、

忘れないうちに、、、



コタバルから南下すること車で5時間。途中で食事したり休憩したりで少し予定時間を

過ぎてしまったのですが 夕方やっとトレンガンヌに到着。ほんとは違うホテルに

とまる予定だったんですよね。コタ・バルから電話で問い合わせをしたら

「スイートルームのみ空いている」とのこと。

そんなの絶対に無理なので 急いでガイドブック見ながらホテル探し。

東海岸に行くときはいつもクアラ・プルリスからレンタカーでマレー半島を横断するので

その日のコンディション(お天気とかたった一人しかいないドライバーさんの体調とか、、、)
                              ↑
                       うちの主人なんですけどね

でどこまでたどり着けるかがわからないっていうので ホテルをブッキングしないで

現地でウォークイン。毎回ドキドキしながらのチェックイン。

で、、、予定のホテルはあきらめて 慌てて他の2つのホテルを選択!

電話をすると2つとも空きがあるとのこと。とりあえず”見に行きます!”と

リザベーションに伝えてひたすら車で走っていたら なんと1件目のホテルの

シャトルバスが目の前に走っているではないですか。そのまま追っかけて

一緒に走ってたんですよね、、、

ところが なんか違う感じの小道に入っていくではないですか、、、

慌ててドライバーさんに尋ねたら ”ホテルは30分くらい前に通り過ぎてるよ。今スタッフを

家まで送ってるんだ。”とのこと。”ガガーーーーーン”って感じ、、、

もう日が暮れ始めていたので ここから後戻りをする気にもなれず、、、

前進するのみ、、、(苦笑)

なのでホテル探しに失敗した私たちはもう1つのホテルに2泊することに。

これがなかなかよかったんですよね~。


Ri-Yaz Heritage Resort&Spa

《Pulau Duyong》 っていう小さな・小さな島にあるホテル(島内にはこのホテルのみ。

あとは民家です。)で モンスーン・カップ(ヨット・レースで 世界各国から集まってくる

世界的な大会。日本の選手も出場しているようですよ。)の拠点になっているんですよね。

今年のモンスーン・カップは12月2日から開催されるそうです。

東海岸側の12月は雨季。しかもレースの名前に《モンスーン》がつくくらいだから

お分かりになるとは思いますが、、、嵐のような大雨が降るんですよね~。

だから是非この時期に出かけてください!とはいい難いかな、、、

東海岸にお出かけになるのでしたら お天気もそうなんだけど

亀の産卵(トレンガンヌ沖の島々 ランタウ・アバン)が見れる時期の5月~8月くらいが

お勧めですよ~~~!






                  tg
                  他のヨット・レースも行われているようです。



             tg
             対岸にはトレンガンヌの街並みがみえています。
             ホテルのヨットハーバーから渡し舟?が出ているようなので
             フロントで確認とってみてくださいね。



             tg
             カテゴリーがわからないけど1棟1部屋のデラックスなお部屋



             tg
             2Fのテラスからの眺め
             開放的でいいですよ。風が気持ちいい~~~!


             tg
             木の温もりが感じられる居心地のいい部屋


             tg
             プールはコテージが立ち並ぶちょうど真ん中に位置していて
             子供プールもあります。
             サンセットのオレンジ色の光を浴びながら、、、もよかったですよ。
             ただ風が強かったので 正直私は寒かったですが、、、
             カップルだったら サンセットタイムにホテルの周辺を散策するのも
             ステキですね。


Ri-Yaz Heritage Resort&Spa
住所・・・・・Pulau Duyong、 21300 Kuala Terengganu、 Terengganu、Malaysia
Tel・・・・・・609-627 7888
Fax・・・・・・609-622 9903
日本のガイドブックにはあまり紹介されていないので 日本発のパッケージでは取り扱いがないかも
しれません。お値段的にはホテルから出ているパッケージがあるのでネットで予約されると
かなりお得ですよ。私たちはウォークインだったのですが それでもネット予約のパッケージより
少し高いくらいだったのでまったく問題なし!(時期でパッケージの内容が違うようです。)
場所的にトレンガンヌの市内からは少し離れているので 基本的に移動はタクシー・レンタカーに
なると思います。それと渡し舟?ですね。(笑)



トレンガンヌのお土産と言えば、、、
揚げ菓子の《レコ》が有名。

             tg
             レコ通り♪♪
             かなり長い距離に点在しているのですが
             この地方特産の《レコ》を売っている店兼工場がたくさん並んでいます。


             tg
             親戚やご近所に配るため全部で5Kg購入。
             車での移動だから 重くても気にしない気にしない、、、
             いろんな種類のレコを買ったけど写真手前から3つ目のかごの
             白いレコお勧めです♪魚臭くなくて食べやすいかも、、、



              tg
             店の裏ではこうやって天日干し。東海岸は今乾季で(6月)
             お天気がいいから良く乾いて パリパリです!




東海岸へは 子供たちの地域学習?が50%(遊びともいえますが、、、)そして 残りが商品の

仕入れなので 帰りの車の中は物でいっぱい! レンタカーのタイヤが少しちびていたので 

心配しながらの運転(←心配していたのは私だけ)、、、その上ものすごいスピードでの山間部の

走行。これが ドライバー泣かせの起伏にとんだ山道で軽自動車やバス・普通車も結構途中で

いかれていたんですよね。ショートカットしたら”ドクロマーク”の(誰かが作った)標識があって

”どんな道がこの先にあるんだろうね??”なんて言ったら すごいのが待っててましたよ。

あのままのスピードで走ってたら×××  誰かのアイデアに感謝!です。

6月のお話なのでどれくらいの走行距離かはっきり覚えていないのですが 主人いわく

1000Km以上は走ったそうです。私もおしり痛かった、、、ご主人様お疲れ様でした!

次回も運転お願いしますよ~~~!私が運転してもいいけどたぶん日程が足りないと思う、、、

スローすぎて。運転ごときでけんかするのもいやだし、、、だからいつまでも健康でいましょうね!




おまけ、、、

通り過ごして今回ご縁のなかったホテル、、、

やっぱ 気になってトレンガンヌからクアラ・プルリスに戻る途中に

ちょっと遠回りになったんだけど寄ってみたんですよね。いつかの次回のために。(笑)

20部屋しかないようなのでピーク・シーズンには早めに予約された方がよさそうですよ。



The Aryani
             tg
             この道を上がった先にロビーがあります。



             tg
             ロビーからの眺め。
             どのお部屋がトラディッショナルがコンセプトの
             《ヘリテージ・スイート》なのかしら?
             きっとマレー人でもビックリ!するぐらいコテコテの
             マレースタイルなんでしょうね。

 

             tg
             なかなか雰囲気のあるプールです。


こんな感じのホテルだったんですよね~~~!

次回は是非泊まらせていただきたい!と思っています、、、






category: マレー半島 東海岸編

cm --   tb --   page top

マレー半島 東海岸の旅(コタ・バル編) 

マレー半島 東海岸の旅(コタ・バル編)


商品仕入れやホリデーのために臨時休業させていただくことが1年に何度かあるのですが

今回はスクールホリデーにあわせて東海岸に車で出かけてみましたので 少し紹介しますね。


コタ・バルは以前紹介したマラッカと同様に見所がコンパクトにまとまってるところなので

かなりわかりやすい・歩きやすい街で 東海岸の一番北にあるクランタン州の州都です。

コタ・バルから約40kmのランタウ・パンジャンからはタイ側の国境の町スンガイ・コロクへ

徒歩で国境越えができるんですよ。わたしも10年以上前ですがこの国境を越えて

タイ(ハッジャイ)まで行ったことがありますが 国境を越えるとさらに“のどか”な感じを

受けたことを覚えています。今はタイ南部の治安がよくないのでお勧めできないかな、、、

コタ・バルをはじめ東海岸側はかなり宗教色が濃く 敬虔なイスラム教徒が大多数を占めています。

ランカウイ島よりもスカーフ(トゥドゥン)かぶっている人の割合が高いような気がします。

スーパー(一部のスーパーですよ)のレジカウンターが男女別れてたりすることもありますので

お買い物をする際は心得ていてくださいね。


見所としては マレーシアの独立を記念したムルデカ広場を中心に博物館・記念館が立ち並び

歩いてまわることができます。写真でご紹介するのはほんの一部で他にも見所がありますので

散策してみてくださいね。


             kotabharu
             【イスタナ・バライ・ブサール】 【イスタナ・ジャハール】
             などの歴史的建物はこのムルデカ広場の前にあるこの門の中


             kota bharu
             【イスラム博物館】
             イスラムの文化や歴史についての文献や写真を展示
             工事中でした、、、


             kota bharu
            【戦争博物館】
            コタ・バルは1941年12月8日(第二次世界大戦)に
            日本軍が上陸した場所。マレー半島侵攻のための地図や写真など
            日本に関する展示物が多く とても複雑な心境になってきます。
            なかなか知ることのできない事実を垣間見ることができる博物館です。


            kota bharu
            【セントラル・マーケット】


            kota bharu
            【セントラル・マーケット】の中
            1F 野菜・果物・海鮮・肉などの生鮮食品
            2F 日用雑貨・乾物
            3F バティック・バジュ(民族衣装)などの衣料品
            中は風もなくクーラーなんてものもなく かなり暑いのでその覚悟で!
            臭い!!!もちろんいろいろミックスされているのでそのつもりでどうぞ!


            kota bharu
            暑い!臭う!、、、そんな中にもいいもの売ってるんですよね~♪♪
            クランタン(コタ・バル)といえば この食べ物!《スロンディン Serunding》
            ハリラヤにクトゥパにつけて食べたり ふりかけ感覚でごはんにかけたり
            メッカの巡礼に行くときに 日持ちがいいので非常食感覚で持って行く人
            もいるとか、、、 牛肉にオイル・ココナッツミルク・チリなどで味付けをして
            肉がほぐれるまで炒めるそうです。ピリ辛でごはんがすすむんですよね~!
            他にチキン・魚があります。魚は骨が多くて食べにくいかも、、、
            店舗・・・セントラルマーケットの2F


            kb
            おにぎりの中の具に使ってもいいかもです、、、




次回はトレンガンヌ編です。こちらではホテルについて少しご紹介しま~す。
おたのしみに~!!!!!

category: マレー半島 東海岸編

cm --   tb --   page top

プロフィール

ランカウイの     お天気

リンク

カレンダー(月別)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールフォーム

FC2カウンター

トリップアドバイザー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。